Related site URL:http://wood.iis.u-tokyo.ac.jp/
contact:mokuzo@iis.u-tokyo.ac.jp
代表者: 腰原 幹雄/ Mikio KOSHIHARA
東京大学生産技術研究所 
腰原研究室

木質材料の研究を行っている腰原研究室が提案する無人販売所。「動く大根売り」をテーマに、開閉式の箱は、遠くからも野菜が販売中が品切れかを認識できる。同種の箱が並んでもカラフルな色を使えば、販売している野菜の種類もわかるかもしれない。自動走行システムができれば、販売場所は広がり、売り切れば在庫補充のために畑に帰還することができる。
この箱は、36mm厚のCLT版を木材加工用CNCルーター「ShopBot」を用いて切り出し組み立てられている。VUILDによって整備されたEMARFというサービスは、設計チームの作成したCADデータから直接デジタル加工機につなぐことにより、設計者が思い描いたものをそのまま実現することを可能にしている。専門家だけでなく、農家の人が直接無人販売所を設計、製作する仕組にも展開可能かもしれない。

Koshihara lab., Institute of Industrial Science, the University of Tokyo/

The Koshihara Laboratory, which conducts research on wood materials, proposes a vegetable stand.

Based on the theme of "Moving radish stand," the retractable boxes let you know from a distance if the vegetables are sold out. If similar boxes are lined up in a row with colorful colors, it may be possible to tell what kind of vegetables are on sale. Once the automated system is in place, the sales area will expand, and if it is sold out, it will return to the field to replenish the stock.

The box is cut out and assembled from a 36mm CLT panel processing ShopBot, CNC router for wood, and EMARF, a service maintained by VUILD, connects the CAD data created by the design team directly to the digital processing machine, allowing the designer to create the box as he envisions it. It may be possible to develop a system in which not only experts but also farmers design and build vegetable stands directly.